記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエルエクスマキナでSランク到達記念 ルクソール

Sランクになれたので記念に


【どんなデッキなの?】
本来ルクソールは序盤はあまり動けず中盤以降に高い制圧力を発揮するのが特徴の勢力です
またセクメトの殺戮、ホルスの栄光、大気神アマンと盤面をリセットするカードが多いのですがイマイチ決め手が無いのも特徴だと思います




このデッキは中盤以降のカードをいくつか捨て序盤から最低限戦えるようにしており本来ならアグロ寄りのオリンポスには手も足も出ませんが手くらいは出せるようにしました

【各カードの採用理由】

1コスト帯最強カード
アグロ、ミッドレンジと戦う時はこのカードが初手にあるかだけでも勝率はかなり違ってきます
酸溜まりができてしまうデメリットもありまさがルクソールは大量展開をするデッキでは無い為そこまで気になることは無いです(無いとは言ってない)


3コスト2/2とスタッツ的には頼りないですアグロだけではなく同種戦でも役に立つ逸材(理由は後述)
ただし2/2のカードは大抵が2コスト、1コストのカードが多いのでテンポは取られているのでこのカードを入れるかは趣味ですが個人的に好きなカードなので採用しました


4コスト4/4とスタッツ的には十分
アグロ相手に有利トレードを仕掛けやすく遅いデッキに対しても相手にプレッシャーをかけることができる為に採用しました
イシスの能力で相手の攻撃力を下げ出来るだけ多く相手のユニットを削って相手を消耗させていきたいです


4コスト2/3とスタッツ的には微妙ですが怨念で体力1にする効果が本来低スタッツのルクソール一門と噛み合っていたと感じたので採用
護衛がある為相手は無視できず相手が確実にこのカードを躱そうとすると無理をする事が多くルクソール本来の時間を稼ぐにあったカードだとも感じました


実質5コスト6/6とスタッツ的にも申し分なく細かく動ける万能カード
ただし盤面をある程度整理して攻守逆転する時に使いたいカードだと感じた為1枚だけの採用です
4/2で相手の彷徨えるゴーレム、2/4で相手の2/2を2体との交換をしようとすると相手が2/2速攻で4/2を突破、そのまま彷徨えるゴーレム顔パンチとかしてくるのである程度は慎重に使ったほうが良いです


ミッドレンジに対して強いのとミラーでもすこし役に立つので採用しました
出して2点、次のターン相手を殴れたら3点、エンドに2点、その次のターンエンドに2点と1回殴れてその後盤面に残ればかなりの速度で相手を削ってくれます
このカードを出す時は手札に除去がある程度ある時に出せると仕事がしやすいですが上手くその様な場面が作れるとも限らないので1枚だけの採用です


同族対策、詳しくは後述


【各勢力との戦い方】
オリンポス
マリガンはデーモンスネイルを最優先に出来る限り軽めの除去を集めます
相手の海上マスは速攻のユニットが出てきて3点とかあるので警戒しておく事が大切です

ルクソール
後述

アスガルド
マリガンはセクメトの殺戮を最優先に
基本的に中盤に小競り合いするのでそこを耐えきる様にして全体除去でアドを取っていく様に心がけていきます

イズモ
基本的に無理
そもそも数が少ないからよくわからない……

トリニティ
堕天使ルシファー、外科医ベリザリオとパンプアップするカードが多い為相手のアタックを0にしたとしても突然死があり得るので0のユニットは放置ではなくある程度減らしておくのが大切です


【対ルクソール】
ミラーマッチは勝ち方がわからないと絶対に負けます
まず大切なのはこのゲームの仕様です
チュートリアルでは語られませんが手札の上限は8枚、9枚になると手札は捨てられます
次に最も重要な仕様ですが山札が0になり引けなくなっても即敗北ではありません
引けなくなったら1点ダメージ、次引けなくなったら2点ダメージ、次は3点、次は4点と徐々にダメージが増えていきます
ルクソールミラーは山札が切れてこのバーストダメージでライフが0になるのがほぼ確定してます

その為まず大切なのは山札を先に切らさないようにドローカードは使わない事です
このデッキの場合はメンメフェルの踊り子はデッキにスペルが無くなるまで絶対に場に出さない事です

次に大切なのは少しでもダメージを抑える事です
具体的にはライフが16と15では先にデッキが切れるのが16の方でも先にはライフが0になるのは15の方です
その為聖鳥シームルグや大気神アメンの回復でライフを少しでも多く保ち逆に冥獣アメミットで少しでも相手のライフを削るのが大切です
その点で言えばファラオマスクの呪いは非常に強力のカードで1枚で相手とライフの差を10点つける事が出来ます
それにより1枚も入れない人には1枚入れてる人が勝ち1枚しか入れてない人には2枚入れてる人が勝ちます


ここまではルクソールミラーの基本になります
ここからは少し慣れてきてからの動きになります


相手の使ったウワジェトの猛毒、冥獣アメミット、大気神アメンなどのキーカードは基本的に除き出来るだけカウンティングします
相手のウワジェトの猛毒は彷徨えるゴーレムに無駄撃ちさせる様にしてこちらのウワジェトの猛毒は基本的に冥獣アメミットに打つようにします
偶に葬送神アヌビスに打つ人がいますが葬送神アヌビスにウワジェトの猛毒は打つ必要無いです

大気神アメンのタイミングは自分のライフと相談して決める様にします
山札が切れた後何ターンで負けるかなどを計算して撃ちます
また相手の大気神アメンで大量に体力を回復されない様に展開を抑える、回復されても何点までなら大丈夫などを考えた上でユニットを出していきます

相手のデッキの型を見極めます
例えば2ターン目にエルフの地術師を使った場合キーカードはソベクの怒りの為それまでセクメトの殺戮などは温存
相手がデーモンスネイルや彷徨えるゴーレムなどを使ってきたら外科医ベリザリオを警戒して7ターン目までに盤面をそれなりに掃除しておいた方が良いなどを頭の片隅に入れておいた方が良いです


【Sランクで10戦やった戦績】
結果だけ言うと10戦9勝1敗です
ですが普通に運で負けたりする所だったのでめちゃくちゃ強いと言うわけでは無いです
すごい雑ですが一言メモの様な物もあります

ハデス○序盤はデーモンスネイルやイシスの能力、蠍人ギルタブリルで耐え中盤に彷徨えるゴーレムやセクメトの殺戮、ファラオマスクの呪いでライフ差を逆転して勝ち

アテナ× 全体除去を引き込めずに負け、マリガンでだいぶ甘えた

イシス○ 相手がルクソールミラーの対応を知らなかったので勝ち

ミカエル○彷徨えるゴーレムで上手くテンポを取り最後にファラオマスクの呪いで勝ち

イシス○ デッキ切れで勝ち、先行だから勝利後攻なら負けてた

ハデス○ ミッドレンジ寄り、離魂術師サナム出したタイミングで全体除去、もう一度サナムのタイミングで全体除去と全体除去が刺さった

オシリス○ 砂を作った後にソベクの怒りで大量展開を狙うデッキ、オシリスの時点でキーカードわかったのでそれに合わせて全体除去打って勝ち

ガブリエル○ 適当に時間稼いでデッキ切れに追い込んで勝ち

ハデス○ アグロ寄り、序盤からカタツムリなどで凌いでゴーレムで有利交換を取り最後にアモンで留め

ハデス○ ミッドレンジ、水晶術師ジアーのタイミングでセクメトの殺戮引けなければ負けていたから運勝ち
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。