記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエルエクスマキナと言うゲームにハマりました

最近MTGのとあるプロが宣伝していたので自分もやって見たら予想外に面白くハマってしまいました

今回はがっつりステマ記事です


【どんなゲームなの?】
最近流行りのデジタルTCG(トレーディング要素は無いけど)

各プレイヤーは3×2の6つのフィールドにユニット(いわゆるクリーチャー、モンスター、フォロアー)を展開して呪文やユニットの攻撃などをして相手のライフを0にしたプレイヤーが勝利と言った内容です
フィールドでは正面にいるユニットと戦闘をし正面にユニットがいなければ相手のライフを攻撃できる為どの様に配置するかが重要です
前線だと自分のサポートも受けやすいが相手の妨害も受けやすく後衛では自分のサポートは受けにくいが相手の妨害も受けにくいと前衛後衛の判断も重要になってくる訳です




各カードにはマナと言う概念が存在しており自分の所有するマナの量に合わせた動きしかできません
その為後半になればなるほど切り札級の派手なカードが出てくる事が多いです
左上にあるのがマナコスト、左下がパワー、右下が体力です


(ドレインと言うのは敵にダメージをその合計ダメージの量だけ自分のライフを回復させる効果)



デッキは5つの勢力から選び更にその勢力の中からキャラクターを選択します
このキャラクターによって使えるスキルが違う為同じ勢力でもキャラクターによってデッキ内容ががらりと変わり戦い方も変わって来ます
例えばオリンポスと言う勢力のキャラクターはこんな感じ
ユニットを召喚するキャラクター、自軍サポートである海洋を作るキャラクター、相手のライフを無理やり削るキャラクターがいます



要するにデッキ構築の幅広さ、カードをプレイするだけでは無く配置をするので考える事が多い為カードゲームとして面白い



【どんな勢力がいるの?】
5種類それぞれに様々な特色がある為自分の好きそうな勢力を選ぶのが良いと思います
まだ初めて数日だから多少違ってても許してください

オリンポス
序盤から特化したと書いてあるが序盤以外も戦える為バランスが良い勢力です
その為短期戦だけでは無くそこそこ長く戦う事もできますが長期戦には向かないと思います
バランスが良いカードが多くデッキの調整のしがいがあると思う為デッキを弄るのが好きな人にオススメだと思います


ルクソール
説明にある様にコントロール色が強い勢力です
このゲームはコントロールに出せば勝つと言ったカードはまだ実装されて無い為ルクソールVSルクソールは長時間でなおかつ相手のデッキの枚数を数えたりする楽しい試合が始まります
コントロールデッキの特色として1試合が長くなりがちな為この長い試合時間を楽しめる人にオススメだと思います


アスガルド
書いてある通り中盤以降に回復するカード、自軍マスである氷河の上だとパワーアップするカードが多いです
その為序盤をどの様に動くかが重要であるミッドレンジ寄りな勢力になります
回復を起点にコンボをしたり氷河を用意したりどの様に動くか考えるのが楽しい人にオススメだと思います


イズモ
トリッキーと書いてありますが実際にやる事は相手の縦軸をずらしたり相手のカードを手札に戻して無理やり攻め込むのが得意な勢力です
速攻で無理やり相手を倒すのが好きな人にオススメだと思います


トリニティ
書いてある通り自分のマナを増やす事で相手より早く大型のカードを出せるのが特徴です
またこの勢力は相手からのダメージを減らすカードが多い為場持ちの良いカードが多いのも特徴です
大型のカードをガンガン叩きつけて相手を力で圧倒するのが好きな人にオススメだと思います



この5つの勢力から1つを選び更に3人のキャラクターから1人を選びデッキを作る訳です



【他のカードゲームとどんな所が違うの?特徴は?】
このゲームの特徴としてユニットを出したターンは攻撃できない為攻撃される側が攻撃対象を選べて攻撃側は誰を攻撃対象とするかわかる点です
例えばシャドバや遊戯王の場合攻撃側が攻撃対象を選べる、MTGやデュエルマスターズの場合攻撃される場合は誰で防御されるか戦闘が始まるまで攻撃側はわからない(予想はできるけど……)
この2つのシステムを上手く混ぜ合わせた戦闘システムになっています(多分)


また上で触れたキャラクターは1ターンに1度2マナを使う事で様々の能力が使う事ができるルールがあります
いわゆるハースストーンのパクリ非常に良く似たシステムだがこれによりマナが余っても動く事が出来るのも特徴です


他のデジタルTCGと違うのは気づいた人も多いと思いますが縦持ちでゲームが出来る所です
片手で操作できるのは個性と言えるはずです
そして現在ゲームを終わらせる所謂壊れカードが少ない所です(無いとは言ってない)
リノセウス、次元の超越、ヨグサロンの様な相手に干渉させず貴方は勝つみたいなカードは今の所存在しないです(ハースストーンはやってないんで間違えていたらごめんなさい)


後地味にリリースされたのが4月1日の為まだやり始める人が多い為始めたばかりの人が多いので始めるのに丁度いい時期だと思います


【リセマラって必要なの?】
ソーシャルゲームをするに当たって良く必要だと言われるのがリセットマラソン、略してリセマラ
リセマラとは大抵のソシャゲは最初に何回かガチャを回す事ができるのでそこで良いのを引くまでアカウントを作り直してガチャをすると言う行為の事です

このゲームは無課金を貫くなら正直リセマラは必要だと思います
オリンポス、イズモでは最高レアであるレジェンドが無くてもデッキは組めますがそれでもやはり他の勢力を作りたくなった時のためにリセマラをした方が無難でしょう

上の勢力説明を見てなんと無く使いたい勢力を決めてデュエルエクスマキナ リセマラで検索をかけて自分の根気と相談するのが良いと思います
ちなみに自分はこの3枚で始めました






以上クッソ長いステマ記事を読んでくださりありがとうございました
基本無料の為興味が湧いたらまずはダウンロードして自分に合うか試して見ましょう
http://appget.com/rd/dlt/ios/b/3/?http://appget.com/appli/link_out_go/69100/ios
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。