記事一覧

チョッキマンムーの調整について

だいぶ前からチョッキマンムーが増えてきている
今やマンムーと襷かチョッキ辺りまで来てしまっている
では何が強いのだろうか
強い点は3つある為まずはそれを解説していく

【強い理由その1】
電気タイプの後出しが安定しやすい
これは単純に気合の襷を持たせるよりDが高い為後出しが安定するという点である
例えば気合の襷の場合化身ボルトロスに後投げする際目覚めるパワー氷→気合玉で倒れてしまうがチョッキマンムーの場合は耐えることができる為つららばりで処理することができる

【強い理由2】
チョッキで擬似的に耐久が上がっている為地割れを打つ試行回数が増える
その為エアームドのいない最近の受けループに強くなっている
メガヤドランの熱湯を2発耐えることができる為地割れを3回打つことができる
ちなみに地割れを1度打った場合当たる確率は30%、2度打った場合は51%、3度打った場合は65.7%である

【強い理由3】
チョッキで耐久が上がっている為タイマン性能が非常に高い
ジャローダ程度ならDにある程度振ればCが上がってなければ命の珠リーフストームを耐える事ができる
メガガルーラ?マンムーがタイマンで勝てる相手ならこんな言われてないでしょ


【配分例】
性格は全て意地っ張りである

①185-195(220)-100-×-110(236)-107(52)
Aは図太いHB化身ボルトを意識で、Aぶっぱの場合と同じダメージを確保しつつS4振りスイクンまで抜いてある
チョッキマンムーの中でおそらく最もテンプレートな型だと思う

②185-183(132)-100-×-112(252)-116(124)
Aは①同様に図太いHB化身ボルト意識
A183~A194まで、ボルトに対する氷柱針のダメージは変わらない
そのためギリギリまで下げてSに割いた型
HDは110スイクンの熱湯×2を耐える程度になっている
Sは凍える風採用のスイクンがS115あたりが多いことを意識して116調整をしている
多くのスイクンを抜いている為地割れの試行回数が増やせるのがこの型の利点だと思う

③185-183(132)-100-×-104(188)-124(188)
さらにSに割いて意地ガッサ+その他諸々を抜く調整
今度はDから削っているが特に確定数がずれる場面は下を除いて思い浮かばないので使い勝手は良い
ただ熱湯で1回目に火傷引くと2発耐えられない為②に比べるとスイクン相手に少し弱い(そもそもスイクンに強いマンムーってなんだよと言う話だが)

④201(124)-167(12)-104(28)-×-108(220)-116(124)
受けループ特有の地球投げを意識してH201調整
HBは177メガガルーラの捨て身タックルを87.5%耐え調整
HDは110スイクンの熱湯×2と火傷×2を耐える調整
Aはつららばり3回ヒット×2で197-150サンダーが高乱数になっている
ただし氷の粒で183-115ガブリアスが1発では落とせなくなっている
A252でも25%の低乱数だけどそれでもやっぱり乱数次第で落とせるのは少し気が楽である
様々な役割をギュッと凝縮した欲張りセット

⑤191(44)-187(156)-107(52)-×-112(252)-101(4)
Hは綺麗な191にして177メガクチートのじゃれつくを15/16で耐える
また232メガリザードンYのオーバーヒートを確定で耐えることが出来るため地割れを抜いて岩石封じなどの岩技を入れている
その為スイクン抜きを考える必要が無い為Sの努力値をAに割いている
ただその場合は地割れを消す事になる為チョッキマンムーの良さの1つを削る事になる
一応スイクンの熱湯を2発耐える為岩石封じで良いかは何とも言えないところ

⑥191(44)-181(116)-112(92)-×-97(132)-116(124)
HBは177メガガルーラの捨て身タックル耐え調整
HDは197霊獣ボルトロスの気合い玉耐えまでなら耐えられる
いないとは思うが244メガゲンガーの気合い玉も耐えられるからゲンガー相手にも安心
タイマン性能を重視した調整

⑦191(44)-184(140)-112(92)-×-109(220)-101(4)
HBは⑥と同じ
HDの方は一時期流行りらしい145化身ボルトロスの悪巧み気合い玉を耐える調整
そもそもC145で悪巧み積んでくる化身ボルトロスはどれ位いるのだろうか?とある人からの話だと臆病HSで悪巧み電磁波ボルトロスが一定数いるらしいが……

⑧191(44)-183(132)-110(92)-×-112(236)-101(4)
HBは177メガガルーラの捨て身タックル耐え
200メガリザードンXの逆鱗確定耐え
HDは232メガリザードンYのオーバーヒート、眼鏡194サザンドラの気合玉耐え
つまりリザードンに強く調整したチョッキマンムー
リザードンに強いということは岩石封じが入るわけで……つまり地割れが入らないから本来のチョッキマンムーからは完全に離れた何か


【つまりどんな風に調整すれば良いの?】
H44振り→実数値191 16n-1で綺麗だから努力値がカツカツで無ければ振って良いと思う
H124振り→実数値201 地球投げを4回耐えられる為受けループには強くなる

H44、B52→意地っ張りのメガクチートのじゃれつくを耐える、陽気メガガルーラの捨て身タックルは75%で耐える
H44、B76→意地っ張りメガリザードンXの逆鱗を耐える、陽気メガガルーラの捨て身タックルを15/16で耐える
H44、B92→陽気メガガルーラの捨て身タックルを確定で耐える
H44、B140→特化メガボーマンダの捨て身タックル耐え

H124、B44→陽気メガガルーラの捨て身タックルを15/16で耐える
H124、B52→陽気メガガルーラの捨て身タックルを確定で耐える
H124、B100→特化メガボーマンダの捨て身タックル耐え

H44、D132→臆病命の珠持ち霊獣ボルトロスの気合玉を耐える
H44、D156→臆病眼鏡化身ボルトロスの気合玉を耐える
H44、D220→無振りボルトロスの悪巧み気合玉を耐える、特化メガリザードンYの晴れオーバーヒートを耐える
H44、D236→特化眼鏡サザンドラの気合玉を耐える
H44、D252→無振りスイクンの熱湯を2発耐える

H124、D92→C252メガリザードンYのオーバーヒートを耐える
H124、D188→特化サザンドラの眼鏡気合玉を耐える
H124、D220→無振りスイクンの熱湯を2発、火傷を2回耐える

S52振り→4振りスイクン抜き
S124振り→凍風スイクンがよく調整するS115抜き
S156振り→S1段階下がった化身ボルトロス抜き
S188振り→意地っ張りキノガッサ抜き

A12振り→HB特化サンダーがつららばりで高乱数6発
A108振り→B4振りメガリザードンXを地震で確定1発
A132振り→HB化身ボルトロスをつららばりで確定3発
A220振り→HB化身ボルトロのスオボン込みをつららばりで確定3発


チョッキマンムーは調整が難しいポケモンである
ただキチンとパーティと相談して調整したマンムーはその分強い為パーティの重いところや役割と相談して育成したい
地割れの有無、岩石封じの採用、フリーズドライの採用など技の最後の1枠も様々な選択肢がある為色々使って使いやすいマンムーを見つけたい
スポンサーサイト

コメント

No title

くっそ詳しくて草
今育成しようとしてるポケモンなんで参考にさせてもらうンゴ
ガブといい見やすい有能な記事サンガツ

No title

やめてください

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント