記事一覧

地割れカイリキーの妄想

本日任天堂ダイレクトによりポケットモンスターサン、ポケットモンスタームーンの発売が正式に発表されました

その中で特に印象に残ったのがこれ



ピュアな人は「ゆびをふるポケモンが増えるんだ(*^◯^*)」と思うと思います
自分はピュアなので「スカーフ地割れカイリキーを試してみたい」と思いました

なので実際に持ってくとしたらどの様な問題が起きるか考えていきます


問題①個体値について
ポケモンの初代と現在のポケモンは仕様が違います
現在のポケモンは32進法であり個体値は0〜Vまでであるが当時は16進法であり0〜Fまでしかないです
まあこれは最大個体値は15って事で解決する

つまり現時点で地割れカイリキーの最大個体値は15-15-15-15-15-15(初代は特攻と特防がまとめて特殊と表現されていたため特攻も15となる)

FLRGの頃の3犬に比べたら良心的であるとポジティブに考えよう


②性格について
性格が決まったのは第三世代のルビーサファイアの頃から
つまりこの頃は正確がありません

性格が無い→上昇する数値が無い……あ……(察し

つまり性格は頑張り屋、気まぐれ、真面目、素直、照れ屋だな


③努力値について
これが最も面倒くさい
まずは初代の努力値の仕様について説明します

初代の努力値はまず倒したポケモンの種族値の分だけ努力ポイントが全てのステータスに入ります(HP、攻撃、防御、特殊、素早さの事)
その努力ポイントを一定数貯めると努力レベルというものが上がります
この努力レベルが1上がると実数値が1あがるといった事になります(レベル100の場合の話、実際は努力レベル×レベル/100)
この努力ポイントは最大で65535、レベルは最大で63まで上がります

この努力レベルは今の努力値に当てはめれば良いとしよう
つまりレベル50の時実数値が32増えるとすれば良い
今も(努力値/4)を努力レベルって言い換えてる物だし何とかなるだろう


問題は全ての箇所に努力値が振られる事である
最悪のパターンはそのままの数値で輸送
代替案として輸送する時に努力値リセットとかあるので2パターン



じゃあ実際に実数値を見て見ます
まずは努力値がリセットされた為HSに努力値を振り地割れに特化させたカイリキー
189-142-92-77-97-99

ここにスカーフを持たせる為素早さを1.5倍して148

次に努力値がリセットされない為全てに252振ってある悪夢のパターン
189-174-124-109-129-99

うわぁ……これはあかんやつや……
無振りガブのHBD数値が183-115-105だからガブよりも結構硬い
素早さの実数値が148は準速100族(152)は抜けない数値である
しかし最速ギャラドス以下の地面が無効に出来ないポケモンはことごとく地割れで沈むのだ
素早さを133以下のポケモンが軒並み1匹のポケモンに駆逐されていたあの時を思い出すなぁ……




まあ実際にはカロスマークの様なものが無い為レートで使えないと思うので自分にはそこまで関係の無い話というね
スポンサーサイト

コメント

No title

正直レートでは使いたくない(厳選したくない)からフリーとかで使えるとか新ルールとかに期待したいですね

No title

???「私は関係ないッサ 謝罪を要求するッサ」

カイリキーは撃ち落とすも覚えますし、スカーフ以外でもトリル・追い風・バトンなどなど解禁されたらいろんな方が考えられる気がしますねぇ

なんで7世代では少なくともレートでは使用不可でオナシャス

コメントの投稿

非公開コメント