記事一覧

第43回?おんj杯優勝パーティ

第X回おんj杯優勝パーティ

初優勝したので記念にパーティを晒します
こんなパーティと戦ってくださった皆様、ありがとうございました
多分次戦ったら勝てないと思うので1週間だけ天狗になります

晒すと言ってもレートでガッツリ使っているパーティなので配分は大まかに
大文字だと沢山、小文字だと少し努力値を振ったみたいな感じです
多くのポケモンが沖縄振りみたいな書き方になってるけどまあ仕方ない

画像貼れてない可能性があるけど貼れて無かったらいずれ直します



ゲンガー@メガ石 CdS
祟り目、ヘドロ爆弾、気合玉、鬼火

所謂今回のゲンガー枠
前のシーズンでサイクルを回しながらその最中でエースを決める様な構築が自分に合ってると感じた為サイクルを回しやすくする為の鬼火と抜き要因として3ウェポンを持ち範囲を広くした形
サイクルを回しやすくするならHSベースの方が良いし気合玉も道連れで良い気がするが自分の好みを変えることができなかったが結果的には自分に合ったポケモンだと思っている
他のポケモンがほぼ全て状態異常を撒ける為祟り目を打ってるだけで勝てる事も稀によくある


レートではそこそこ活躍してくれているがおんj杯では出番があまりなかった可哀想な子
ただノイクンに対してヘドロ爆弾で毒にして相打ちになってくれたりと重要な局面でキッチリと決める最高のポケモンだった


ニックネームはAlice/Telles(アリストテレス)
自分のポケモンと言うゲームに置いて「万学の祖」と言っても過言では無いポケモンの為このニックネームにした



嘘です
昔使っていたAliceってニックネームのゲンガーとTERESAってニックネームのゲンガーを足して2で割った様な性能だった為少しオサレにしてこんなニックネームに
ちなみにアリストテレスのスペルはだいぶ違います



デンリュウ@メガ石 HbCsベース
10万ボルト、ボルトチェンジ、龍の波動、気合玉

このパーティで1番最後に入ってきた保管枠
ファイアローに強く対面性能が高いポケモンを探していたら見つかったポケモン
先発で出してメガ進化しないと電気単タイプな為受けだしがしにくい難儀なポケモン
そして先発にクレッフィがパーティにいる為初手に地面を呼びやすいのも向かい風
マンムーが相手のパーティにいるとほぼ初手に出てくる挙句こっちのパーティにマンムーを受けられるポケモンはほぼいない為思考停止で初手に出すと詰みます

おんj杯ではファイアローに後投げし、静電気で麻痺を入れた逸材
レートでは電気、龍、格闘の範囲を生かして後出しをさせにくい相手に負担をかけるのが主な活用法
相手にガブがいたら初手龍の波動、マンムーがいたら勇気の気合玉などして心的優位を(勝手に)取っていきたい


ニックネームはKing in Yellow
スペースを空ける事が出来ない為金銀イエローみたいになりそうだがそれでは無い
ライコウやサンダーに負けない黄色種ということでこのニックネーム
元ネタはクトゥルフ神話であり黄衣の王と読んでも良いしハスターと読んでも良いしハストゥールと読んでも良い



クレッフィ@食べ残し HDsベース
イカサマ、威張る、毒毒、身代わり

無意識に自分から溢れていた闇の成分
ゲンガーで全抜きする為の状態異常撒きポケモンその1
ライコウやジャローダなどでクレッフィを対策できるという人をわからせる為に電磁波ではなく毒々
サイクルを回しながら有利対面からの威張る身代わりは個人的に最強だと思っている為困った時についつい頼ってしまいがち
使い勝手としては不安的な代わりに運が良ければ数多くのポケモンを葬れる毒ヒードランといった感じ
無振りファイアローのブレイブバードは身代わりが1発耐える事を知っていると幸せになれる

おんj杯ではキッチリジャローダに毒入れてそのまま威張るで突破とキチンとやりたい事をやれた
その前日の対抗戦でも負け確から運だけで勝ち確にしたりとやりたい放題やった最凶のポケモン
レートでも有利対面から身代わり→威張るで勝ったりとかなりやりたい放題している
ラムっぽいポケモン(例えばガブリアスとか)が後投げされたら威張るではなく1度毒毒を入れて持ち物がラムのみかどうか試し次のサイクルで威張り殺すなども必要


ニックネームはNyarlathotep
自分や相手に狂気や混乱を陥れる為このニックネームに
デンリュウと同じく元ネタはクトゥルフ神話
這い寄る混沌とか闇に潜むものとか暗黒神、ニャルラトホテプ、ナイアルラトホテップ、ナイアーラトテップなど様々な名前があるのも特徴の一つ
自分は気分によって使い分けてる

這い寄る混沌、闇に潜むもの、暗黒神とかまるで某アイドルゲームの美人アシスタントさんみたいですね(小声



ジャローダ@ゴツゴツメット hbSベース
リーフストーム、リフレクター、へびにらみ、光合成

物理受けという名の対メガガルーラ枠でありながらゲンガーで全抜きを補佐する為の状態異常撒きポケモン2
メガガルーラに強いだけではなくSがそこそこ早い為状況次第では抜きエースとして扱う事も出来る逸材
へびにらみをファイアローに入れると後ろのファイアローが有利働きヒードランにへびにらみを入れるとデンリュウやマンムー、ゲンガーが有利に立ち回れる
リフレクターのお陰で自信だけではなく後続もサイクル戦がしやすくなる為採用
リフレクターが挑発の場合受けループに強くなるが受けループは適当に頑張ることにした為リフレクターに

おんj杯では……仕事したっけ……
記憶ガバガバすぎるせいでちょっと思い出せないですね……
レートではかなり仕事をしているがメガガルーラの冷凍パンチで凍ったり壁を貼ったのに急所に当たったりと悪い面が目立ってしまう
色々と役割が集中してしまった為選出率はかなり多め


ニックネームはGolden mead
偶々飲んでいたお酒が蜂蜜酒だった為こんなニックネーム
ただし黄金の蜂蜜酒だと元ネタはクトゥルフ神話になる
ジャローダと黄金の蜂蜜酒をこじつける何かは存在しない……



ファイアロー@ラムのみ hbDsベース
ブレイブバード、鬼火、挑発、羽休め

最近流行りのHDアロー
クレッフィとは違う方向の耐久殺し
鬼火を撒き挑発をして羽休めをし続けて相手の心を折るポケモン
本来なら持ち物を青空プレートなどの飛行技の威力を上げる物の方が良いが挑発の判断ミス、受けだしに飛んでくる毒毒や電磁波などにほんの少し強くする為にラムのみにした
鬼火さえ当ててしまえばゲンガーの祟り目も火力が上がる為ゲンガーとの相性も良い
メガバシャーモ対策も兼ねているかメガバシャーモをブレイブバードで確1にならないのがほんの少しだけ困るところ

おんj杯での文句無しのMVP
リザYを受け切ったりガマゲロゲを受けたりとこの1匹を崩すことが出来ずそのまま3縦と言うのを起こした逸材
本当にクレッフィ並みに好き勝手やったと思う
レートでもファイアローを倒せそうなポケモンをブレバ圏内削りそのままアローで3縦とかも良くしていた


ニックネームはByakhee
同じくクトゥルフ神話から
光速より早く動ける翼を持った化け物から名前を拝借
元々はCthugha(クトゥグア)にするつもりだったがクトゥグアは火力ゴリ押しのイメージがあった為こっちの名前に
ビヤーキー、バイアクヘー、翼ある貴婦人好きな呼び名でどうぞ



マンムー@突撃チョッキ habDsベース
つららばり、氷の礫、地震、岩石封じ

前シーズンで使っていたマンムーを少し改良(改悪?)した物
前回のパーティと比べてほんの少しだけリザードンに強いのとボルトロスにも強いデンリュウがいる為変える場所があるとしたらここ
と言っても対面性能は高く役に立つ場面も多い為踏ん切りがつかない枠
チョッキマンムーが流行りすぎてマンムー=チョッキとなってしまっているのも辛いところ

おんj杯では特に仕事はしませんでしたね……
進化前のイノムーと殴り合いをするも普通に急所に当たり落とされたりと良いことは無かったはず……
レートでは対面性能が高い為脳死してると良く先発で出してしまうポケモン
それでもそこそこ活躍するのはチョッキマンムーのスペックの高さだと思う


ニックネームは元Tekeli-li
直前になって昔使ってたチョッキマンムーとニックネームが違う為配分が違う事がバレるのが嫌だった為ニックネームを昔のマンムーに変更
もちろん杞憂に終わった模様



全体的に種族値は低めですが役割が明確な為扱いにくさはあまり感じないパーティ
本来は可愛いポケモンを使いたくて†闇のゲーム†をあまり仕掛けるパーティではない
これだけはハッキリと真実を伝えたかった

ダラダラとした駄文ですがここまで読んでくださった方ありがとうございます
スポンサーサイト

コメント

ゲンガー+クレッフィはやってみたいと思ってるので参考になります。
この構築のゲンガーはCに振った方がいいですかね?
他はチョッキマンムーはある程度Sに振った方が使いやすいのかどうかが気になりました

>>くちさん
クレッフィ+ゲンガーを使うならゲンガーはCSが良いです
ヘド爆の乱数次第でニンフィア、マリルリ辺りを乱数次第で落とせるのが魅力です
ただ自分はサイクル回すパーティしか使えないのにCS使ってるのでなんとも……


チョッキマンムーはパーティがキノガッサに薄かったりスイクンに地割れを当てたい場合はSに割くのも良いと思いますが個人的にはADベースが使いやすいと思います
結局はパーティを見て補完枠として使うのが良いと思います

コメントの投稿

非公開コメント